読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信頼と信用

皆様、信頼と信用の違い、判りますか?
言葉や文章ではよく使いますが、その意味はどうでしょう?
なんとなく使っているんじゃないでしょうか?
因みに、広辞苑には以下のように記載があります
・信用:信じて任用すること
・信頼:信じて頼ること

うぅむ、何というかお役所仕事?
どうにも広辞苑は「熟語をただ分解しただけ」仕様がそれなりにありますよね...
信用取引」という言葉はあるけど、「信頼取引」という言葉はありません
「信頼関係」という言葉はあるけど、「信用関係」という言葉もありませんよね

「信用」とは、過去の実績や成果に対する評価となります
その為、「信用」するためには、実績や成果が必要不可欠となります
一方、「信頼」はそういった過去の実績や成果、あるいはその人の人となりを見た上で「この人なら仕事を任せても大丈夫だろう」とか「この人になら秘密を打ち明けても大丈夫そうだ」といった、その人の未来に対する期待値や感情を指します
つまり、「信頼」してもらうためには「信用」が必要であり、「信用」なしに「信頼」を勝ち得るのは難しいと云えるでしょう

これは人間関係に表すと、上司からの評価は「信用」でこの場合、人間関係は上司から部下への一方通行となります
部下を評価し、信用度が高ければ「信頼」して仕事を任せる、ことになりますね

このように、信頼と信用は意味をしっかり知れば意外と違うものだということが判りますね
私はどちらかと云えば信頼重視な気がします
やっぱり楽しいことを考えていたいですものね