奥山田の枝垂れ桜を撮りに行ってきた

もう3月なのに現地の途中にあった道路の温度計は±0度

そんな中、岡崎市は奥山田の枝垂れ桜を撮りに行ってきたよ、よ?

3/24の早朝に行ってきた

f:id:atrayuki:20190327145008j:image

サクラと月

太陽☀️じゃないよー
f:id:atrayuki:20190327145003j:image
f:id:atrayuki:20190327145017j:image
f:id:atrayuki:20190327145013j:image

太陽に照らされて少し色が入ったサクラ

なかなか思ったように写真撮るのは難しいですね

今年は、後何箇所サクラ🌸を撮りに行けるかな

 

形原温泉に紫陽花を撮りに行ってきた

1億人紫陽花ファンのみなさまこんにちわ
すっかり梅雨空ですねー
梅雨の時期はあんまり外に出たくないのですー(;・∀・)
機材も濡れるしカビとか怖いし(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

さて、そんな中、晴れではなかったですが雨も降りそうになかった6/16に形原温泉あじさいの里に行ってきました

 

www.katahara-spa.jp

 

いやぁ、僕って普段平日休みが多いんで土日で出かけることって少ないんですよね
珍しく土曜日にお休みを貰ったので形原温泉まで足を伸ばしたんですが、目的地まで@2kmが進まない進まない
僕の嫌いな渋滞ってヤツに見事にやられましたヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
駐車場に到着するまでに1時間かかりましたよ(#・∀・)
まぁ、格闘した分の成果はあったかと思いますがね

今回は、いくつか考えながら撮影を試みました

logcamera.com


やっぱ構図は大事だな、と
自分なりに考えつつやっては見たつもりです

f:id:atrayuki:20180622115050j:plain


前景に紫陽花
中景に池の対岸の光源
後景に三日月

と入れてみました

雲量がかなり多く、月が出ている時間がほとんどなかった為、もう少し構図を考える時間がほしかった場面

 

f:id:atrayuki:20180622115118j:plain

こちらは

パノラマ合成してみました

合成とか何か写真じゃないような気もしてましたがやってみるとあんま気にならないようなので積極的に考えてみたいところ

f:id:atrayuki:20180622120330j:plain


こちらは
人の流れが多かったので露光時間を20秒にして人の流れを消してみました
多少、影っぽいのがありますけど、、、
欲しい構図なんだけど、人が多くて無理!
なときにやるんですかね?
ただ、露光時間伸ばすとF値大きくしないといけないんですよねー
やっぱ、こういうときにNDフィルターとか使うといいんですかねぇ?
NDフィルター使ったこと無いから分かりませんけど
わからないから取り敢えず適当なのを買って使ってみないと分からないですかねー

(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

形原温泉あじさいの里
多分見頃は今週末くらいまでだと思います
ぜひ、行ってみてください(*´ω`*)
そして渋滞に巻き込まれても文句は受け付けませんよー
(;・∀・)

 

 

 

AF-Pは買いか?

2016年より発売されたAF-P系統のレンズ、いいですね(*´ω`*)
僕はAF-P系統のレンズは持っていないんですが欲しくてたまりません( ´∀`)bグッ!
AF-Pシリーズは、APS-C機のキットレンズとしてAF-P18-55が一番最初に発売されました
これの1個前のAF-S18-55のVRVRⅡを持っていまして(VRは既に手元にはないですが)
地元のB○G CAMERAに行った際に触ってきたのでその感想などもつらつらと書いていきたいと思います

 

まず、サイズや重量に関してはあまり変わらず
そもそもキットレンズ自体サイズも小さく軽いのでここはあんまり比較対象にはならないですよね
やはり、注目すべきはAFの速度と静粛性でしょうか
僕は、あんまり静粛性は今のでも気にならないのでやはりAFの速度に注目ですね( ー`дー´)キリッ
nikon大三元の標準ズームはAFが爆速だと言われています
いや、実際触ったことないのでどれほど早いのかはわからないんですが(笑)
ただ、以前東京行った時にnikonミュージアムでD5+800mmというシステムでカシャカシャしたことがあるんですが、その時のAF速度と比較すると、そこには及ばないまでもやはりかなり早いと感じました

www.nikon.co.jp


ピントを合わせに持っていったらスッとピントが合います
屋内の、ごくごく限られた範囲の中ではありましたが、その中でピントがもたつくこともなく、合焦してくれました
これらのことから、AF-PシリーズはAF性能については相当なものであると考えられます
解像度、画質についてはやはりキットレンズという部分が否めないであろうとは思いますが、普通に写真に起こしたりブログの記事に使ったりする分には何ら支障はなく、むしろ、軽くて取り回しくAFも早い
最初のレンズとしては十分な性能を誇っているのではないかと思います( ´∀`)bグッ!

www.nikon-image.com

 

 

 

 

花フェスタ記念公園にナイトローズを撮りに行ってきた

一億人総Nikonファンのみなさまこんにちは!

あとらんです( ー`дー´)キリッ

さてさて、昨日は仕事終わりにダッシュして岐阜県可児市花フェスタ記念公園まで行ってきましたよ!よ!

花フェスタ記念公園

現着が19:40くらいで閉園時間が20:30というもう時間がほぼ無い!な感じでしたが\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

何とか撮影には間に合いました

⊂( • ̀ㅂ•́ )⊃セーフ

取り敢えず時間が無いのでカメラを担いで世界のバラ園へ

ちょうど月も出ており、月をバックにイッテミマシタ

f:id:atrayuki:20180527205212j:image
f:id:atrayuki:20180527205208j:image

ほぼ無加工で撮って出しですが、意外と良い絵になったんじゃないかなと自画自讃しておこうかと思います

花フェスタ記念公園のナイトローズガーデンは春のバラ祭り期間中の6/2と6/9のあと2回です

通常入園時間は17:00までですが、20:30まで延長してます

ナイトローズガーデン~ライトアップされた夜のバラ園を楽しもう♪ | 花フェスタ記念公園

是非とも行ってみてください(*≧∀≦*)

 

ホタルの生態

皆様こんにちわ
昨日は相生山へホタルを撮りに行こうとして、仕事終わりに様子を見に行って人の多さに辟易して帰ってきたあとらです( ー`дー´)キリッ
どうも人の多いところは苦手、、、
深夜に出動予定でしたがサボりました、、、(´・ω・`)ショボーン

さて、さぼったので何か載せようと思い立ち、ホタルの生態を調べてみました
 

 ホタルの種類・生態

 

ホタルは、甲虫目・ホタル科に分類されます

甲虫目とは、私達が一般に昆虫と認識している種類が多く属しています

カブトムシやてんとう虫、カミキリムシなど外骨格が発達している種が多いですね

その中でもホタルは体長が最大でも凡そ30mmと小さく体が柔らかいのが特徴です(*´ω`*)

日本には約40種のホタルが生息しているそうですが、世界規模で見ると約2000種(゚∀゚)

と多くの種がいるんですね

ちなみに、相生山緑地で見られる種類はヒメボタル

体長は7mmほどで日本で有名なゲンジボタルヘイケボタルより一回り小さい体躯で、光り方も長く発光せず、点滅を繰り返します

メスはオスよりも体が小さく、後翅が退化しているので飛べません(・o・)

なので、相生山緑地で飛んでいるホタルは全部オスなんですね(・∀・)

そして、メスは飛べないので当然地面にいます

つまり、無闇矢鱈にあっちへフラフラこっちへフラフラ歩いているとホタルを踏みつけちゃうんです(´・ω・`)

注意しないと危ないですよねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ヒメホタルの幼虫は陸棲で、カタツムリとかの陸棲の貝を食べて成長するんですって(・∀・)

日本ではゲンジボタルヘイケボタル知名度が高いので水棲なイメージのホタルですが、ホタル科全体で見ると陸棲のホタルの方がメジャーなようです(*´ω`*)

 

 ホタル観賞時に注意すること

 

ホタルはそもそもなぜ発光するのか?

ホタルは発光することで仲間とのコミュニケーションをとったり異性を見つけたりします

そこに、強い光源の懐中電灯やカメラのフラッシュを焚くとホタルの意思疎通を阻害することになります

自然への経緯を忘れずに鑑賞することを心がける事ができると良いですね(*´ω`*)

 

f:id:atrayuki:20180517033859j:plain